• Takayasu Hoshino

思春期保健指導者研修会


2日間思春期保健指導者研修会でした! 思春期保健指導者研修会とは、思春期の子供たちに話をする仕事に携わっる人、そういう仕事に興味がある人を対象とした研修。思春期の子供たちに健康に関することについて話をするときに伝えたいことが伝わらず悩んだり、どうすれば話に耳を傾けてくれるか、どんな話が行動変容につながるか…、 そんな悩みを抱える人対象に2日間で相手に話が伝わる話し手になる! 話し方の達人の話を聞いたり!その達人の前で3分スピーチを3回もやって! 夢のような研修!...

なんていうか、受け入れてくれる研修だったな。 講師の岩室先生も北山翔子さんも「辛辣な意見を言います」と言いつつも、批判的・否定的になったり詰問長になったりってことはない。 今の状態を受け入れてくれてどうすればよくなるかを言ってくれて…この空気の中で、育ててもらえるってすごくいいな、ずっとこの感じでいたいなって思った!

今の子供たちは居場所がなくて(今のって言いつつ俺が子供の時からそうだったのかもしれないけど)、そして性の問題、心の問題、自殺の問題、依存の問題…いろいろな問題を抱えてしまう。

大学時代に同級生から、仕事しつつもよく知らない人から性教育をやっていることを「気持ち悪い」とか「同じ大学で恥ずかしい」とかってメールとかSNSで言われつつも、やめずにここまでこられたりしたのはこういう居場所があったからなんだなって思います。

普通看護師として働いているだけなら、 年休と祝日2日間使って仕事以外の研修に出たり、 仕事終わりに会議に出たりはしない…。 この性教育って仕事は俺にとっての居場所なんだなって思いました。 今日もたくさんの仲間ができて… またこれからも頑張ろうって思いました。

っていう3分スピーチ!お酒飲みながら考えた! 写真は岩室先生と一緒に(もっとみんなと写真撮ればよかった!!)!



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第27回AIDS文化フォーラムin横浜

AIDS文化フォーラムin横浜でした! 今年はオンライン開催! ボランティアスタッフとして横浜にお邪魔させていただきました(群馬から横浜まで安全に車で移動、看護師として感染予防のスキルを駆使しました) 今年もお話させていただきました! タイトル:AIDS文化フォーラムを語ろうよ 参加者としては「これっていったいなにが聞ける話なの?」と思ってしまうようなタイトル(笑) 集客性を無視したタイトル笑 今