• Takayasu Hoshino

日本エイズ学会学術集会


昨日は日本エイズ学会学術集会で東京でした!! 昨年から会員そして学会参加のエイズ学会、、、 資格取得や院内の上司に「講演活動はまともにやっているんだ」ということも知ってもらうための学会参加そして演題発表…

思春期学会での発表にさらにHIV/AIDSについての内容を付け足し発表。 思春期学会のようにハードルの低い学会ではないので緊張し、 フロアの反応も乏しく(お世話になってる先生が質問してくれたのはうれしかった!)、 用語の使い方などはもう少し考えるべきでした、、、

ま、 もう終わったことだ。

エイズ学会とか、エイズの症例検討会に参加すると、自分は今後看護師としてどうHIV/AIDSと関わっていくかを考えさせられます。 ウロのナースになる? 血液内科のナース? それともこのままオペナースを続けて趣味で関わる?

医師、看護師、SW、薬剤師、事務などがチームになって地域のAIDS患者に関わっているポスターセッションを見て、そういう風にも関わりたいなぁと思いました。 オペ室はチームで患者に関わっている感覚がすごくあったので好きだけど、 そういうチームもいいね、

なんて思ったり!

懐かしい仲間にも会えてお土産もいただけて、明日も仕事を頑張る活力になります。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第27回AIDS文化フォーラムin横浜

AIDS文化フォーラムin横浜でした! 今年はオンライン開催! ボランティアスタッフとして横浜にお邪魔させていただきました(群馬から横浜まで安全に車で移動、看護師として感染予防のスキルを駆使しました) 今年もお話させていただきました! タイトル:AIDS文化フォーラムを語ろうよ 参加者としては「これっていったいなにが聞ける話なの?」と思ってしまうようなタイトル(笑) 集客性を無視したタイトル笑 今